性病による臭い対策

あそこの臭い 性病の可能性がある場合

あそこの臭いの原因には、雑菌によるもの、すそわきが、

考えられます。

 

雑菌によるものやすそわきがは、日常のお手入れによって
ある程度改善されます。

 

ところが、性病によるものは、早期発見、適切な治療が
必要なんですね。

 

臭い、だけでなく、かゆみ、痛み、赤く腫れる、
オリモノの量が多い、といた場合は、何らかの
性病に感染している可能性があります。

 

いち早く検査をして、適切な対応が必要になります。

 

ちょっと心配だけど、大丈夫かな?と思っているあなた!
汗をかいたり、蒸れたりしたときのあそこの臭いは、
まわりに気づかれている可能性大です。

 

ましてや、パートナーは、我慢しているかもしれません。

 

だからこそ、日頃のケアが大事ですね。

性病になるとどんな臭いがする?

まずは性病の臭いがどういうものなのか知らない事には、
適切なケアは困難ですね。

 

おりものと性病の臭いの違いを知ることで、適切な対応が
わかりますよね。

 

それでは、性病の人のあそこはどんな臭いなのかご紹介しますね。

 

 

おりものは通常、無臭または、酸性のため、
すこし酸っぱい臭いがします。

 

しかし、性病の場合、おりものの臭いや色が変化します。
臭いや色の変化については、下の表を参考にしてください。
該当の項目があれば、直ちに臭い対策が必要ですよ


 

膣カンジタの場合

色は白色になります。おからのようにぽろぽろとした形状になり、
カッテージチーズ、酒粕のような固まりも見られる事があります。
また、強いかゆみも伴うこともあります。

 

トリコモナス膣炎の場合

黄色や緑色の泡状のおりものが見られます。
あきらかに異常であることを認識しやすいことが特徴です。

 

また強い悪臭をともないますので、異常にきづきやすい症状です。

 

淋菌感染症の場合

緑色のおりものが見られ、強いかゆみをともないます。
また、臭いもきつく、下腹部の痛みも見られる事が特徴です。

 

細菌性膣症の場合

黄色や灰色の泡状のおりものが見られます。
また魚の臭いのような強い悪臭をともないます。

 

子宮内膜炎の場合

黄色や血が混じった茶褐色のおりものが見られます。
微熱をともなったり、下腹部の痛みによって
自覚症状がみられることがあります。

 

 

 

菌が侵入すると、おりものが外に排出してくれます。
その時、おりものがいつもと違うように変化します。

 

おりものは、女性の身体を守ってくれるだけではなく、
健康のバロメーターですね。

 

危険信号を出してくれる大切なものだということですね。

 

 

 

オリモノやかゆみがあるけれど、我慢できないほどではないし、
といった場合、なかなか婦人科に行くのは勇気がいることですね。

 

でも、我慢しているうちに、症状が悪化してしまっては
大変ですよね。

 

そういう時に、自宅でできる検査キットがあります。

 

不安な方は、まず、使用してみてください。

 




臭いを抑える3つの方法

 

臭いを気にする事で、健康状態・病気を早期に
発見することができます。

 

日頃から、おりものの状態を見ておくようにしましょう。

 

ここからは性病の臭いを抑制3つの方法をご紹介します!


 

デリケートゾーンを清潔に保つ

自浄作用のある膣から分泌されるおりものは、
完全に洗いすぎると逆効果になってしまいます。

 

洗い方にも注意が必要です。
水道水のカルキも雑菌の繁殖に影響しますので、
中を洗いすぎない事にきをつけましょう。

 

不特定多数の人と性行為をしない

性病の原因は、不特定多数の人と性行為に及んでしまう
というケースが多いんですね。

 

どこから侵入し感染したかも不明なので、
あらゆる菌が混在してしまい、ひとつの性病を治しても、
違う性病には対応できず治療が困難になるということも。

 

できるならば特定の人に限定しておくことが重要だと言えます。

 

膣内洗浄

膣内の環境を整えるために、膣内洗浄というのがあります。

 

膣内の善玉菌を残しながら悪玉菌を除去し、膣内環境を整えます。

 

不特定多数の人と性行為に及んだ場合、
セックスワーカーの方にもおすすめですし、
あそこの臭いが気になる方に最適です。 

 

トップページへ