すそわきがの臭いと対策

人には気づかれたくないすそわきがの悩み

あそこの臭いの悩みの一つに、すそわきがの臭いがあります。

 

実際、すそわきがの人は、あまりいないと言われています。

 

すそわきがかどうかを完全に判断するには、
お医者さんに行って診察を受ける必要があるんですよ。

 

人には気づかれたくないことなので、お医者さんに行くのも
勇気がいりますよね。

 


すそわきがはどんな臭い?

すそわきがはワキガと同じで、アポクリン汗腺から出る汗が、

細菌などに分解されることによって、強い臭いを発します。

 

このことから、すそわきがはワキガと同じ臭いになるように
思えますが、デリケートゾーンの場合、この他に
おりもののにおいが混ざり合って、独特なにおいになります。

 

 

このにおいは魚のような臭いとか、チーズのような臭いとかと
表現されることが多いのですが、スソワキガの臭いは
人によってかなり違いがあるため、これだけでは
判断することはできないようです。

すそわきがのセルフチェック

自分が、すそわきがかどうかを調べる方法として
セルフチェックがあります。

 

以下に当てはまることが多い場合は、すそわきがの可能性が
高くなります。

 

下着に黄色い汗のシミがつく

アポクリン腺から出る汗は黄色っぽい色をしているので、
この症状になることがあります。

 

耳の垢が湿っている

耳の中にはアポクリン腺があるため、これが多い人は
耳が湿りやすくなります。

 

乳首が臭う

耳の中だけではなく、脇と乳首もアポクリン腺があるので
ここが臭うと、すそわきがの可能性があります。

 

家族にワキガの人がいる

ワキガは遺伝するといわれているので、この症状が
家族にあるのであれば可能性が高くなります。

すそわきがの治療法

すそわきがは、陰部を清潔に保つことができれば、

ある程度臭いを抑えることができます。

 

しかしこれでは根本的な解決にはなりません。

 

すそわきがのにおいを完全に消すには、病院での治療(手術)という
方法があります。

 

もちろん、病院での手術にはかなりの決心が必要ですし、
失敗の可能性などもゼロではないんです。

 

そのことをよく考えなければなりませんね。

 

また、手術の種類は3種類ほどあります。

 

超音波メスでの手術
超音波メスを使う手術の場合、下腹部に5ミリ程度の小さい
切開を行い、超音波メスで直接アポクリン汗腺を除去します。

 

直接除去するので効果はかなり高く、切開した部分も

 

小さいので全く目立たず2週間程度で抜糸もできます。

 

メスを入れるデメリットはありますが、効果が高い方法です。

 

超音波と高周波での治療
この方法では、体にメスを入れることなくすそわきがの治療が
できます。

 

この手術は高周波と超音波を照射することで、アポクリン汗腺を
破壊するというものです。

 

誰にも気付かれずに簡単に行えるというメリットはありますが、
費用が高いといデメリットもあります。

 

1回行えば半永久的に効果があるので費用対効果で
考えてみる必要があります。

 

電気凝固法による手術
すそわきがの有名な手術の一つに、電気凝固法というものが
あります。

 

この手術は陰部に特殊な針を刺して高周波電流を流し、
アポクリン汗腺を固めてしまうというものてす。

 

この手術も針を刺すだけなので、メスを使わない方法として
多くの人が行っています。

 

1回で終わらずに、5回程度の実施が必要という
デメリットがありますが、1回30分ぐらいで終わるので
気軽にできます。

 

このようにすそわきがの手術にはいろいろなものがあるので、
もし治療を受けるなら自分なりになにが一番良いのか
しっかり選んで進めていきましょう。

すそわきがの臭い対策は2つ

すそわきがの臭い対策は、手術によってにおいの素を取り除くか、

清潔にしてそれを抑え込むかどちらかしかありません。

 

手術に関しては、リスクも含めてよく考えて行う必要があります。

 

手術は、最後の手段です。

 

まず、自宅で簡単にできる、あそこを清潔に保ち、
制汗剤を使う方法をオススメします。

 

トップページに書きましたが、デリケートゾーンと
膣内を清潔に保つことで、かなりの臭いを抑えることができます。

 

そして、制汗剤を使うことで、さらに汗と臭いを
大幅にに抑えることができますよ。