ジャムウ石鹸は妊娠中にも使えるけれど使い方に注意が必要?

まずは妊婦さんのあそこが臭う原因

 

妊娠中は、汗を大量にかくようになったり、ホルモンバランスの
影響を受けて、オリモノが増えたり、赤ちゃんの重みで尿漏れを
起こすことがあります。

 

 

赤ちゃんを子宮の中で育てているのですから、妊娠していない時と
体調が変わりますね。
赤ちゃんが体内で無事に成長できるように体が変化するんですね。

 

 

妊娠していなくても、膣内は最近や雑菌が入り込んで
増殖しないように、超賛成に保たれています。
妊娠すると、さらに、赤ちゃんを守ろうとします。

 

 

妊娠中、いつも臭うわけではないけれど、疲れると、もわ〜んと
臭う、とか立って動いているとなんとなく臭う、という場合もあります。
これは、母体に無理をしないでね、とお腹の赤ちゃんからの
サインかもしれませんね。

妊娠中は乳首やあそこの黒ずみが気になる方もいます

妊娠すると、乳首や脇、あそこが黒ずんでくる方もいます。

これも、妊娠の影響で、メラニン色素が沈着しやすくなるから
なんですね。

 

 

この黒ずみは、妊娠によるものなので、出産後、徐々に元の
色に戻っていきます。
ですから、乳首や脇、あそこが黒ずんでいても、無理やり
ゴシゴシこするとか、黒ずみを抑えるクリームを塗るといった
ことは、むしろ、しないほうがいいですよ。

 

 

特に、初めて妊娠した方は、不安に思うかと思いますが、
体が、赤ちゃんを無事に育てるための変化なんだと考えて
くださいね。

 

 

乳首などは、黒ずみも気になるでしょうけれど、働く妊婦さん
にとっては、ブラジャーに乳首があたって痛いこともありますね。
乳首がこすれて痛くないように、柔らかい素材のブラジャーを
使うか、柔らかいガーゼで乳首を覆うような工夫をしましょうね。

妊娠中にジャムウ石鹸を使う時の注意点

妊娠中は、ホルモンのバランス等が変わるので、いつもとは
体調が変わることがあります。
いつも使っていたヘアカラーが合わなくなったりすることがあります。

 

 

ジャムウ石鹸は、安心安全な成分ですが、妊娠したら、天然植物
の成分の中に、合わないものが出てきた、ということも希に起こる
可能性があります。

 

 

ジャムウ石鹸の公式サイトを見ても、「妊娠中も使えますが、体調を
みて使ってください」と記されています。
また、ローズの香りを配合しているジャムウ石鹸の公式サイトでは
「臭い成分が合わない可能性もありますので、使用はお控え下さい」
と記されています。

 

 

ほぼ、使っても心配ないけれど、100%ではないので、ご自身の
体調をみて使ってください」ということですね。

 

 

妊婦さんとしては、デリケートゾーンの臭いが気になるところでしょう
けれど、デリケートゾンに、泡パックをするのを短めにする、または
泡パックをせずに、泡をちょっとのせてすぐにシャワーで洗い流す
ようにしましょう。

 

 

くれぐれも、膣内を洗う、黒ずみを気にしてゴシゴシ洗う、という
ことはしないでくださいね。

 

 

関連ページ

ジャムウ石鹸はなぜあそこの臭いに悩む女性に人気があるの?
ジャムウ石鹸はあそこの臭いの悩みや黒ずみの悩みを持っている女性になぜ人気があるのでしょうか。また、正しい使い方をしないと逆効果になるのはなぜでしょうか。
ジャムウ石鹸には危険性はないの?
あそこの臭いや黒ずみ、かゆみ、かぶれなどの悩みをかかえている女性に対策として人気なジャムウ石鹸ですが、危険性はないのでしょうか。
ジャムウ石鹸のスティックはあそこの臭いの救世主?危険?
ジャムウ石鹸と並んでインドネシアで作られているジャムウスティックがありますが、膣内に挿入して使うためなのか、体験した方の評価が賛否両論です。