ジャムウ石鹸はなぜあそこの臭いに悩む女性に人気があるの?

ジャムウの魅力はインドネシアに伝わる民間伝承

ジャムウはインドネシア原産のハーブを使って作られた

民間伝承薬なんですよ。
インドのアーユルベーダ医学の中のハーブの調合方法をもとに、
インドネシアで自生しているハーブを原料にして、長年改良を
重ねてきたんですね。

 

 

ジャムウの調合にはなんと数百のレシピがあるんですよ。
それぞれの家庭にそれぞれのジャムウのレシピがあるんですね。
ジャワ島の結婚式では、花嫁の母が新婚夫婦に、古くから家に伝わる
ジャムウのレシピを送るという風習が残っているんですよ。

 

 

ジャムウは、人の体の症状に適した、数多くのレシピがあります。
そのため、インドネシアでは、病気にかかったときに、病院に行く前に
その症状に適したジャムウを服用する家庭が今でもたくさんあるんですよ。

 

こうした、人間本来が持つ、元気になろうとする力、不調な部分をいつもの
調子に整えようとする力を引きあすのを助けるようなところが、ジャムウ石鹸が
人気のあるところなんですね。

 

ジャムウ石鹸とは

インドネシアで古くから伝わってきたジャムウは、女性の美のための

ハーブでもあるんですね、
ジャムウ石鹸はデリケートゾーンのケアに大人気なんですね。
天然由来の安心安全な成分だからなんですよ。

 

同じ弱酸性の市販の石鹸は、化学物質が多く配合されていあす。
界面活性剤や防腐剤、香料などが含まれています。
中にはPH調整のために水酸化ナトリウムが含まれているものも
ありますが、これは、劇薬なんですよ。

 

 

こうした、化学物質を含まないで、弱酸性に保っているのがジャムウ石鹸なんですよ。

 

 

ジャムウ石鹸は以下の目的で使用します

 

  • 臭いを洗い流す(消臭効果)
  • 黒ずみ・くすみの解消(メラニンよ抑制)
  • 引き締め効果(収れん作用)
  • 肌のキメを整える(美肌効果)

 

 

あそこは、膣内から出るオリモノなどで、弱酸性に保たれています。
それは、あそこを悪い菌から守るためなんですね。

 

匂いや黒ずみをきにするあまり、殺菌作用の強い石鹸で洗うと、
肌荒れが起きる可能性があります。

 

 

ですから、ジャムウソープは、皮膚の善玉の常在菌まで洗い流して
しまわないように弱酸性に保たれているので安心して使えますね。

 

 

あそこの臭い対策に使って良かった人気の石鹸ランキングへ

ジャムウ石鹸に期待できる5つの効果

デリケートゾーンの気になる臭いへの効果

天然由来の成分で作られているジャムウ石鹸には、臭いの対策に

悪玉菌を殺菌する効果が期待できるハーブが配合されています。

 

 

女性のデリケートゾーンの悩みの第一位があそこの臭いなんですね。
臭いは、雑菌が繁殖するときに出されます。
雑菌は、デリケートゾーンにある汗腺から出る汗をエサにして
活発に繁殖します。
雑菌にとって、デリケーとゾーンは、適度な温度と湿度なので
繁殖するには格好な場所なんですね。

 

 

肌の表面には、善玉菌と悪玉菌の両方がいるんですね。
洗浄力の強い石鹸で洗うと、善玉菌までもが洗い流されてしまうため
肌が荒れてしまう可能性があります。

 

 

そして、洗浄力の強い石鹸で善玉菌が洗い流されたあとの皮膚は
悪玉菌が繁殖しやすい環境になってしまうんです。
清潔を保とうとして、逆効果になってしまうんですね。

 

 

また、弱酸性の石鹸は安くて手に入りやすいものがたくさんあります。
ところが、これらの石鹸には、石油由来の合成界面活性剤が
含まれていることが多いんですね。

 

 

石油由来の合成界面活性剤は、皮膚に良くない成分の一つなんですよ。
ですから、肌トラブルを起こす原因になる可能性があります。

 

 

あそこの臭い対策をしていても臭いに悩まされる女性はおおいんですよ。
中には消臭スプレーを吹きかける方もいるんですが、この方法は
お勧めできません。

 

 

肌荒れを起こす可能性があることと、スプレーが膣内に入り込んでしまう
と、膣内のバランスが崩れて、トラブルになることがあるからです。
スプレーを吹きかけることは、絶対にお勧めできません。

 

 

もう一つ、多くの女性が対策している方法として、オリモノシートを
使うことですね。
いろいろなタイプのものがありますが、ときに、蒸れの原因になる
ことがあります。

 

 

ジャムウ石鹸なら、デリケートゾーンの環境を良好に保ち、臭いの
原因をできる限り軽減することができますよ。

 

 

あそこの臭い対策に使って良かった人気の石鹸ランキングへ

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策

デリケートゾーンやバストトップの黒ずみもジャムウ石鹸で

きれいにすることが可能なんです。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみは、日焼けの時のメラニン色素によって
できるものと、積もり積もってしまった古い角質が原因なんですね。

 

 

メラニン色素が原因の黒ずみは、日焼けの時の黒ずみと一緒で、
肌のターンオーバーが繰り返されることで解消していきます。
肌は、何層にも重なっている構造なんですよ。

 

 

それが徐々に押し上げられて、一番上の層が垢として剥がれ落ちる
仕組みになっています。
メラニン色素が沈着したそうが一番上になって剥がれ落ちると
黒ずみが解消するんですね。

 

ジャムウ石鹸に含まれるハーブは、黒ずみの原因であるメラニン色素を
抑えてくれて、あらたに作られないように働きかけます。

 

 

もうひとつのデリケートゾーンの黒ずみの原因である、積もり積もって
しまった古い角質の原因は、摩擦によるものなんですね。
肌は、ダメージを受けると、守ろうとしてメラニン色素を作り出します。

 

 

ところが、デリケートゾーンは唇よりも柔らかい場所なので、
強くこすると、傷ついてしまいます。
ジャムウ石鹸で、根気よく優しく洗うことで、序々に、溜まっていた
角質が無理なく取り除かれていきますよ。

 

 

あそこの臭い対策に使って良かった人気の石鹸ランキングへ

 

オリモノ対策

オリモノって、多いときやなんだか臭うとき時がありますよね。

そのためにオリモノシートが手放せない方もいますよね。
ですが、オリモノというのは膣内から分泌されて、デリケートゾーン
を弱酸性に保ち、細菌におかされないように守ってくれる、
という一面もあります。

 

 

オリモノシートは、とても便利ですが、かえって蒸れてしまうことや
こすれてしまうことで、ヒリヒリしたり、角質が厚くなっていまう
ということもあります。

 

 

また、膣からデリケートゾーンを守ろうとして出てくるオリモノ
ですから、デリケートゾーンを洗いすぎて、弱酸性の環境が
崩れてしまうと、なおさら、分泌量が多くなってしまうんですね。

 

 

これは、頭皮の皮脂をとりすぎると、かえって皮脂が分泌されて
頭皮が脂っぽくなるのと同じことなんですよ。

 

 

オリモノというのは膣内を強酸性に保ち雑菌の繁殖を防ぎます。
更に受精の手助けをしてくれる大切なものです。
排卵日付近や生理前になると量が増えることが多いのですが
個人差があります。

 

 

ですから、臭いにも個人差がありますね。
雑菌が侵入してしまったり、性交渉で、膣内が傷ついてしまったり
してときにも量が増えます。
そうするとデリケートゾーンに分泌されるオリモノも変化しますね。

 

 

ジャムウ石鹸に含まれるハーブの成分がバランスの崩れた
デリケートゾーンを優しく通常の状態へ導きやすくします。

 

 

ただ、一つ注意点があります。
ジャムウ石鹸で膣内を洗ってはいけません。
膣内の強酸性のバランスが崩れてしまいトラブルの原因になる
可能性があります。

 

 

デリケートゾーンを優しく洗ってくださいね。

 

 

あそこの臭い対策に使って良かった人気の石鹸ランキングへ

 

 

かゆみ対策にも

デリケートゾーンの悩みの中にかゆみ、があります。

なにせ、蒸れやすいし、排尿後の拭き取りの問題や、生理中の
経血など、かゆみが出やすい環境に置かれていますよね。

 

 

管理人は、「カンジタ」という膣内に誰しも持っているカビの
一種が、体力が弱ってくると、発症します。
症状は、とても痒みが強くて、市販の塗り薬では、全く収まりません。

 

 

婦人科に行って、「カンジタ」専用の塗り薬と内服薬を処方されます。
2週間ほど薬を飲み続け、痒いときに塗り薬を塗ると治ります。

 

 

こうした肌トラブルで、一番困るのは、唇より薄いデリケートゾーンの
皮膚を、強い力でかきむしって、傷つけてしまうことなんです。
排尿の際、ものすごく傷にしみて、痛いですよね。

 

 

こうした、肌トラブルも、ジャムウ石鹸で、普段からケアしていると
悪化するのを軽減することができます。
デリケートゾーンの皮膚を弱酸性で、適度な保湿と善玉菌が
住みやすい状態にしておくことですね。

 

 

 

ジャムウソープはあそこ以外にも使えます

ジャムウソープは、体に優しい上に、カテキンの約30倍のパワーが

あります。
このパワーで、気になるあそこの臭いを徹底的に抑えてくれます。

 

 

また、メラニンをおさえてくれるので、黒ずみになりにくくなります。
あそこのもともとのきれいなピンク色に近づける期待が持てますよ。

 

 

そして、ジャムウソープは、あそこ以外にも使えるんですね。
元々、ジャムウは、インドネシアに古くから伝わるハーブで、
人間が本来持っている自然の健康を保とうとする力を引き出そう
とするものです。

 

 

ですから、デリケートなあそこだけにしか使えないということ
ではありません。
体全体に使えるんですよ。

 

 

ですから、更年期に入り、ホルモンのバランスが崩れやすく
なって、いつも使っているボディーソープが、なんとなく
合わなくなったような気がする、という方などは、全身に使って
みてください。

 

 

あそこの臭い対策に使って良かった人気の石鹸ランキングへ

ジャムウソープの使い方は?

使い方は様々ですが、ソープを泡立てて、その泡で臭いや黒ずみが
気になる部分に3分間くらいパックする方法が多いです。

 

 

この時、抗菌力や殺菌力が強いものをあそこのパックに使うと
肌荒れが起きる可能性があります。
デリケートゾーンは、酸性に保たれていることで、雑菌の繁殖や
菌の膣への侵入を防いでいます。

 

 

ですから、ジャムウソープは、皮膚の善玉の常在菌まで洗い流して
しまわないように弱酸性に保たれています。

 

 

 

ジャムウソープは、弱酸性なので、あそこを洗うのに最適な
PHなんですよ。

 

まず、あそこの、ひだの間などを、指でやさしく洗います。
この時は、ジャムウソープを指先に少しつけてもいいですし、
お湯をかけながらでもいいですよ。

 

 

次に、ジャムウソープを、泡立てネットなどで、泡立てます。
この泡をあそこにパックをするようにのせます。
黒ずみやニオイが気になる程度によって1〜3分くらい
放置します。


 

 

このあと泡をよく洗い流します。
この時、くれぐれも膣内は、洗わないでくださいね。
洗うのは、あくまでもデリケートゾーンだけですよ。

 

 

 

膣内は、外から細菌などが進入してこないように、強酸性に
保たれています。
膣内を洗ってしまうと、強酸性の環境が崩れてしまい、かえって
細菌を侵入させてしまいます。

 

 

膣内は、洗浄するなら、専用のジェルを使ってくださいね。

 

 

あそこの臭い対策に使って良かった人気の石鹸ランキングへ

ショーツに黄ばみが付く場合、すそワキガの可能性があります

ショーツに黄ばみが付くことはありませんか?

この場合は、すそワキガの可能性があります。
耳垢が湿っている、両親がわきが体質、ワキガである、チチガである、
という方は、すそワキガによる黄ばみの可能性が高いです。

 

 

すそワキガは、陰部周辺のアポクリン腺から分泌される汗によって
黄ばみができるんですね。
ワキガのような独特の臭いがするのではないでしょうか。

 

 

すそワキガの方にとって、ジャムウソープで、あそこのケアをする
のは、とてもいい方法なんですよ。
臭いの原因菌を発生しづらい環境を整えてくれるからなんですよ。

 

 

デリケートなあそこは、顔の皮膚よりも柔らかい場所ですから、
ちょっと力を入れてこすると、すぐにヒリヒリしてしまいます。

 

 

やさしくこすったとしても、殺菌力の強い石鹸を使ってしまうと、
せっかく膣から染み出しているオリモノなどで、細菌の感染などを
防ぐために、弱酸性に保たれているあそこのバランスが崩れてしまい
かえってニオイがきつくなってしまうこともあります。

 

 

すそワキガの方にとっても、あそこを清潔で、健康的に保つことは
大切なことですね。

 

 

あそこの臭い対策に使って良かった人気の石鹸ランキングへ

更年期のあそこのケアにもジャムウソープ

更年期になると、エストロゲンというホルモンが減少するため、

コラーゲンなどが減少します。
そうすると、肌が乾燥しやすくなったり、かゆみやあせもなどが
出来やすくなってきます。

 

 

閉経すると、オリモノの分泌も減ってくるため、あそこが
痒くなったり、ちょっとしたこすれなどで、ヒリヒリしたり
することがあります。

 

 

オリモノの分泌が少なくなると、あそこの適度な保湿と常在菌の
バランスが崩れてしまうことがあります。

 

 

年齢とともに減少する女性ホルモンの影響があそこの肌の状態にも
変化をもたらします。

 

 

若い時には、気を使わなくても良かったボディソープも、更年期以降
の方の中には、今の状態にあったものを使ったほうがいい場合も
出てきます。

 

 

ジャムウソープは、日本人の肌に合った生薬を配合して、肌の皮脂や
善玉の常在菌をとりすぎないんですよ。
適度な湿度も保つことができますね。

 

 

あせもや、かゆみなどが、若い頃より増えてきたと思ったら、
ジャムウソープを全身に使ってみてくださいね。

 

あそこの臭い対策に使って良かった人気の石鹸ランキングへ

 

 

妊婦の方にもジャムウソープ

 

更年期とはまた違いますが、妊娠中も、ホルモンのバランスが

違いますね。
妊婦さんにおきてくる体の変化は、個人差があります。

 

 

全く、変化がない方もいれば、いろいろなところに変化が起こる
という方もいます。
ですから、肌にも、あせもができやすかったり、かゆみがでたり
する方もいます。

 

 

それで、脇汗が臭くなったという方もいれば、あそこのニオイが
気になる、という妊婦さんもいるんですね。

 

 

こうした、妊娠中の脇やあそこのニオイが気になる方にも
ジャムウソープがおすすめです。

 

 

もし、二人目を妊娠中で、上のお子さんをお風呂に入れなければ
ならない、という方も、ジャムウソープは、お子さんの肌に
使っても問題がないんですよ。

 

 

お子さん用と自分用の石鹸を用意しなければならない場合、
小さなお子さんが、ちょっと目を離したすきに、あなたの
石鹸を使ってしまった、ということがあっても安全ですよ。

 

 

ジャムウソープは、お子さんのデリケートな肌に使っても
トラブルは起きないんですよ。

 

 

あそこの臭い対策に使って良かった人気の石鹸ランキングへ