あさイチ女のホケン室からオリモノはどうして出るのを調査

そもそもオリモノとは

 

「オリモノ」とは、支給、膣、汗腺からの分泌物が混じりあった
粘性の液体なんですね。
さて、この「オリモノ」が出始めるのはいつ頃からなのでしょうか。

 

 

それは、生理が始まる頃なんですね。
女性の体が、子供から大人へ変わって行く時に、「オリモノ」が
出てくるようになるんですよ。

 

 

つまり、赤ちゃんを産むことができるようになった体をまもって
いるものなんですよ。

 

オリモノの役割はとても大事なんです

量が多い時があったり、ちょっと匂いがすることがあったりと
悩みの多い「オリモノ」ですが、女性にとってはとても大事な
役割を果たしています。

 

膣内への細菌の侵入を防ぐ

膣や子宮は、妊娠するために必要ですね。
それが、雑菌や病原菌に犯されると赤ちゃんを授かることが
難しくなりますね。

 

 

膣のすぐそばには排泄器官があるため、菌の侵入の危険性があります。
菌が侵入するのを防ぐために「オリモノ」が存在しているんですよ。
膣内から、分泌物を出すことで、雑菌が外から侵入しないように
防いでいるんですよ。

 

 

ですから、膣内は、毎日洗うと、かえって雑菌の侵入をしやすく
してしまう可能性があります。
膣内を毎日洗うのは中止しましょう。

 

 

膣内をキレイに保つ

下着にオリモノがついてしまうのは、当然なことですね。
膣内から降りてきてデリケートゾーンも守っているんですよ。

 

でも、生理前や、体調によって、「オリモノ」が多かったり、
少し匂いがしたりすると、気になりますよね。
そんな時は、オリモノシートを使うといいですよ。

 

 

オリモノシートをこまめに取り替えて、清潔に保ちましょうね。

 

 

子供を作るために大切な精子の通り道

精子は、膣の中で受精をするために卵子へ向かいます。
精子にとって、強酸性の環境の膣内を、見事卵子にたどり着くのは
並大抵のことではありません。

 

 

この時、「オリモノ」が少ないと受精の確率が格段に落ちてしまいがちです。
スムーズに活動できずらいからなんですね。
もちろん、個人差がありますので、「オリモノ」が少ないから
絶対妊娠できないということではありません。

 

 

ただ、やはり「オリモノ」は、赤ちゃんを授かるにも、とても大切です。
「オリモノ」が多い時期は妊娠しやすい傾向にあるんですよ。

 

 

膣内を強酸性に調整して雑菌の繁殖を抑えます

「オリモノ」の最も大切と言っていい役割があります。
それは、膣内をPH3.8〜4.5に調整して雑菌の繁殖を防ぐことにあります。

 

 

PHとは、酸性、アルカリ性を数値化したものですね。
膣内を強酸性に保つことで、万が一、雑菌が侵入しても、繁殖を
防いでくれるんですよ。

 

 

もし、膣内のPH値が崩れてしまうと侵入した菌が繁殖して、膣内に
トラブルが起こる可能性があります。

 

 

でうから、膣内は、洗いすぎてはいけないんですよ。
また、不規則な生活、強いストレスなどでも膣内のバランスが
崩れてしまうこともあるんですよ。

 

あそこの正しい洗い方へ

関連ページ

あさイチ女のホケン室で取り上げられたあそこのニオイ対策
6月20日のNHKあさイチ「女のホケン室」でおりもののニオイ対策が取り上げられました。その中のノーパンとおしっこについてまとめました。