あさイチ女のホケン室で取り上げられたあそこのニオイ対策

あそこのニオイ対策はノーパン

 

あそこの臭いやオリモノのニオイがが気になる時ってありますよね。
NHKあさイチ「女のホケン室」で取り上げられた予防法は「ノーパン」
なんです。

 

 

膣内は、雑菌などから守るため、強酸性に保たれています。
その膣内からオリモノが染み出てきて、デリケートゾーンを
弱酸性に保ち保護しているんですよ。

 

 

オリモノは、膣に存在する乳酸菌や様々な菌が混じっているため
ちょっと酸っぱいような自然なニオイがあるんですよ。
こうした自然な臭いは心配することはありません。

 

 

デリケートゾーンは、オリモノの水分や汗や拭き残したおしっこ
などで湿っている状態なのに、下着や洋服などで密閉されているため
とても蒸れやすくなっています。

 

 

そのため、雑菌が繁殖しやすくなっているため、ニオイが
発生する場合があります。

 

 

そこで、デリケートゾーンの通気性をよくするために寝る時に
ノーパンを勧めています。

 

 

そして、デリケートゾーンは、入浴時に、石鹸を泡立てて
優しく洗うと清潔が保たれます。
普通の石鹸だと、しみる、カサカサする、刺激が強すぎる場合は
デリケートゾーン専用の石鹸を使うといいですよ。

 

 

なお、デリケートゾーンは、唇より薄い場所なので、ゴシゴシ
こすってはいけませんよ。
石鹸の泡で包むようにして、指で優しく洗ってくださいね。

 

 

その際、膣内は洗ってはいけません。
膣内の強酸性の環境が失われてしまうと、膣内のトラブルが
起きる可能性がありますよ。

あそこのニオイ対策はおしっこをよく拭く

女性の場合、おしっこの出口と膣が非常に近いですよね。
しかも洋式トイレが普及sてからは、座って用をたしますよね。
そうすると、どうしても、おしっこが、膣の入口の方へ
伝わっていってしまいますよね。

 

 

また、閉経後の方や太った方は、おしっこがデリケートゾーンを
伝わって膣内に入ってしまう「膣内排尿」が起きる場合があります。

 

 

これもまた、オリモノのニオイやデリケートゾーンのニオイを
発生させてしまう原因になるんですね。
ですから、おしっこをしたあとは、しっかりと拭くことが大事です。

 

 

まず、足を開いて座ると、おしっこが、前の方へ排出されるので、
デリケートゾーンに伝わりにくくなります。

 

 

そして、トイレットペーパーで、ポンポンとたたくようにして
水分が残らないように拭きます。
密着しやすい部分は、指で開くようにして拭き取ります。

 

 

この時も、強くたたいたり、こすったりしてはいけません。
また、出先のトイレットペーパーがやわらかすぎて、
水分を含むとボロボロになってしまうと、水分を含んだ
紙のカスが、デリケートゾーンに残ってしまいます。

 

 

こうした場合は、手持ちのティッシュペーパーを使って、
汚物入れに捨てるようにしましょう。