更年期のデリケートゾーンの悩みの原因と解消法

デリケートゾーン(あそこ)の悩みは様々です

 

女性のあそこは、その名の通り、実にデリケートです。
皮膚の強さは唇より弱いんですよ。

 

 

ですが、場所が場所だけに、なかなか言い出せずにいますね。
デリケートゾーンの悩みは、年代別に様々ですが、結構多いんですよ。
病院を受診するにしても、症状によって、婦人科は皮膚科の
どちらかという場合がほとんどかと思います。

 

 

さて、更年期のデリケートゾーンの悩みにはどんなものがあるのでしょうか。

 

  • 黒ずみが気になる
  • 膣が緩んでいるような気がする
  • 自転車に乗ったとき、細身のパンツをはいた時などに挟まったような感じがする
  • エッチをするときに痛みを感じる
  • 尿漏れパットが必要になった
  • 乾燥するせいでかゆみを感じることが多くなった

 

 

上記のような悩みが起こるのは、更年期の年齢は、女性ホルモンである
エストロゲンが急激に減るために起こります。
膣の自浄作用が急激に減るために、膣内に雑菌が増え、老人性膣炎、
萎縮性膣炎(おりものが臭い、おりものが増える、乾燥、痛みなど)が
起こりやすくなります。

管理人の更年期以降閉経したことによるデリケートゾーンの悩み

管理人は、体力がなくなったタイミングで、カンジタになり、

婦人科を2度受診しましたが、その後、デリケートゾーンの
一部が、かゆくなる程度で、カンジタ用の塗り薬を塗れば
かゆみが消えることから、皮膚科を受診しています。

 

 

その状態で、1年半ほど経ちます。
カンジタによるかゆみは、市販のデリケートゾーン用の軟膏や、傷用の
軟膏を塗っても、収まらないんですね。

 

 

ですから、強烈なかゆみが、市販の軟膏を塗っても収まらなければ、
婦人科を受診するしかないんですね。
そこで、カンジタの有無を検査してくれます。

 

 

そして、カンジタの診断が下されると、膣内に、薬を入れてくれます。
そして、2週間分の内服薬と、痒くなったデリケートゾーンに塗る
軟膏を処方してくれます。

 

 

ところが、この1年半くらい前は、婦人科で処方してくれた軟膏を痒みが出た
部分に塗れば、すぐに収まっていたんですね。
そこで、皮膚科に3ヶ月に一度、慢性蕁麻疹の薬をもらうために、受診して
いたので、先生にカンジタ用の軟膏を出してもらうようにお願いして
処方してもらっていました。

 

 

なにせ、婦人科は、3時間待たないといけないんですね。

しかも、デリケートゾーンを、医師に見せなければなりません。
これは、ちょっと嫌だったんですね。

 

 

その点、皮膚科は、症状を説明しただけで、軟膏を出してくれたし、
受診は予約できたので、最大に待っても1時間はかからなかったんですね。

 

 

ところが、あさイチのおんなの保健室で、デリケートゾーンを
扱った
時に、「おしっこの水分は、ペーパーを2〜3度変えて、徹底的に
拭き取る」という放送を見て、実践してから、デリケートゾーンの痒みが
出る頻度が、激減しました。

 

 

そんな状態が1年ほど続いた時に皮膚科を受信したところ、初めて
デリケートゾーンを触診されてしまいました。
で、もしかして、乾燥が原因かもしれないし、オリモノにカンジタが
あまり混じっていないかもしれない、という結論でした。

 

 

でも、ちょっと様子をみましょう、ということで、いつものカンジタ用の
軟膏が処方されました。

 

 

結局、デリケートゾーンのかゆみ、というのも、どうやら更年期の
症状なんですね。

更年期のデリケートゾーンの悩みを解消するには

 

更年期のデリケートゾーンは、女性ホルモンであるエストロゲンの減少
によるオリモノの変化で、かゆみや痛みが出てしまうことがあります。
しかも筋力の低下などにより、尿漏れなどが起きてしまうことも
あります。


 

 

そこで、更年期のデリケートゾーンの悩みを解消する方法は以下になります。

 

通気性の良い下着をこまめに取り替える

デリケートゾーンは、蒸れやすい場所です。

かゆみや痛みを引き起こす原因の一つとなる雑菌が繁殖しやすい
高温多湿の状態になりやすいですね。

 

 

オリモノによって、弱酸性に保たれて、雑菌などから守られていた時と
違うんですね。
ですから、通気性の良い綿100%の下着をこまめに取り替えることを
心がけましょう。

 

 

尿意を感じた時は、漏れないうちに、トイレに行きましょう。
なにせ、デリケートゾーン周辺の筋力も衰えていますので、
思わず、尿漏れしてしまう時もありますよね。

 

 

そして、もし、尿漏れしてしまったら、わずかだと思っても、
すぐに取り替えましょう。
管理人は、ちょっと漏れてもすぐに下着を取り替えることを
実行して、随分と、デリケートゾーンのかゆみから解放されました。

 

 

パンティーライナーもこまめに交換しましょう

自宅にいれば、下着の交換もすぐにできますが、外出先だと
そうはいきませんよね。

 

 

そこで、パンティーライナーを利用している方も多いと思います。
今は、様々なタイプのパンティーライナーが発売されていますので、
ご自身に合った製品を選び、下着同様、こまめに取り替えることです。

 

 

デリケートゾーンの乾燥などで、擦れてしまう方は、布ナプキンを
利用してはいかがでしょうか。

 

 

膣内洗浄器を使う

閉経してしまった、又は現在閉経に向けて生理の周期が不安定、

という方は、膣内洗浄をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

管理人は、閉経後、オリモノがどんどん減ってきています。
その状態で、時々、オリモノが、下着につくくらい出てくると
デリケートゾーンが痒くなります。

 

 

そんな時に、乳酸菌入りの膣内洗浄器を使うと、痒みが収まります。
膣内は、あまりしょっちゅう洗うと、かえって膣内のバランスが
乱れてしまうので、1ヶ月に2度程度の洗浄でいいんですよ。

 

 

元々膣内には乳酸菌が存在しています。
ですから、オリモノが酸っぱい匂いのするときがあるんですね。
更年期や閉経後、膣内の膜などが薄くなってきます。

 

 

膣内の環境も変化してしてきますね。
病院に行くほどではないけれど、なんとなく調子が悪い、
という時に、膣内洗浄器「インクリア」は、試してみるといいですね。

 

インクリアの体験談へ

 

 

デリケートゾーン専用の石鹸を使う

管理人は、白髪染めをしています。加えて薄毛にも悩んでいます。

そこで、髪と頭皮に負担が少ないトリートメントタイプの白髪染めを
使っています。

 

 

そして、シャンプーも、皮脂を取りすぎない、アミノ酸系の
シャンプーを使っています。
薄毛が気になる場合は、皮脂を取りすぎてしまうと、抜け毛が
増える可能性が大きいんですよ。

 

 

それと同じで、デリケートゾーンの黒ずみや、臭い、乾燥、かゆみ
などが気になる、更年期の女性には、肌に優しいジャムウ石鹸が
おすすめです。

 

 

ジャムウ石鹸は、デリケートゾーンと同じ弱酸性なんですよ。
弱酸性の石鹸なんて、たくさんありますよね。
ですが、ほとんどの弱酸性の石鹸は、石油由来の合成界面活性剤を
使っています。

 

 

石油系の合成海面活性剤は、微生物が生きていける環境を破壊して
しまいます。
ジャムウ石鹸は、この合成海面活性剤を使っていません。

 

 

それ得なくてもデリケートなあそこを、皮膚を守ってくれる善玉菌を
損なわないように洗うことが出来るんですよ。

 

 

デリケートゾーンが、痒いとか痛い、病院へ行くほどではないけれど
ちょっと調子が良くないという方はお試し下さい。

 

 

あそこの臭い対策に使って良かったと人気の石鹸へ

 

ストレッチや軽い運動で筋力低下を防ぐ

個人差はありますが、更年期の不調の一つに、筋力低下があります。
腹筋や背筋、太ももやお尻のの筋肉といった目に見える筋肉も
低下しますが、骨盤底筋など、いわゆるインナーマッスルも
低下していきます。

 

 

骨盤底筋というのは、以下の場所の筋肉で、尿漏れや、膣のゆるみ
などにつながります。

 

 

以下のような運動で、鍛えることができます。

 

また、30〜60分間のウォーキングができればいいですね。
管理人は、なかなか、時間が取れないので、テレビを見るときに
30分間くらいは立って見る、本を読むときなども立って読む
ようにしています。

 

 

たったこれだけのことでも、積もり積もれば随分と違うんですよ。
そして、肩や足、腰のストレッチをチョコチョコしています。
これで、腰痛が、少しずつ改善しています。

 

 

ほんの少し、意識して体を動かすようにすることも、
デリケートゾーンの不調を改善することにつながりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

更年期のあそこが臭いの原因
更年期のあそこが臭いの原因はいくつかあります。 まず、更年期の症状はどんあものなのか、まとめました。
更年期のあそこが臭い原因:雑菌による匂い
更年期に入るとあそこが臭い原因の一つに雑菌による臭いがあります。どんな菌によるのかを調べました。
更年期のおりものの匂いはあそこの臭いの原因になる?
更年期に入ってからおりものの匂いが気になりませんか?もしかして、あそこが臭い原因になっているのでは?とお悩みの方、是非ご覧下さい。
更年期の生理の臭いが気になるのに周期が短くてつらい
更年期に入り閉経が近くなると、生理周期が短くなる場合があります。生理中の臭いは、より強くなるのでしょうか?
更年期のホルモンバランスの崩れであそこの匂いは臭くなる?
更年期は、閉経に向けて、ホルモンバランスが崩れます。そのことが、あそこの臭いに影響があるのでしょうか?
更年期のあそこは性病のせいで臭い場合があります
更年期は、閉経に向かって、ホルモンのバランスが 乱れてくる時期です。この時期におりものが臭い場合、性病が隠れていることも考えられます。
更年期のあそこが臭いの悩みにデリケートゾーン用の石鹸
更年期に入り、あそこが臭いとお悩みの方、デリケートゾーン専用の石鹸がどのように臭いを改善するのか、使用する際の注意点などについてまとめました。
更年期のあそこの臭いとかゆみを解消する膣洗浄のすすめ
更年期に入り、あそこの臭いやかゆみに悩まされている方に解消法の一つとして、膣洗浄はどうなのでしょうか?
更年期のあそこが臭いに使い切りビデは効果があるの?
更年期になると、人によっては生理周期が短くなります。すると、終わりかけの時の臭いが気になる周期も短くなりますね。そんな時、使い切りビデは効果があるのか検証しました。
更年期の性病の疑いがあるときの症状があるときは病院へ
更年期に入り、デリケートゾーンの臭いの原因がすそわきがや性病などの病気の場合、病院での治療が必要になります。病院での治療法や女性がなりやすい性病についてまとめています。