更年期のあそこが臭いの悩みにデリケートゾーン用の石鹸

デリケートゾーン用石鹸の特徴は?

 

膣内は通常、酸性に保たれています。

 

酸性であることによって、外からの雑菌を体内に侵入するのを
防いだり、雑菌が繁殖しにくい環境になっているんですよ。

 

一般的な石鹸はアルカリ性のものが多いのですが、
デリケートゾーン用の石鹸は弱酸性のものがほとんどなんです。

 

アルカリ性の石鹸でデリケートゾーンを洗ってしまうと、
皮膚にとって大事な膣のPHバランスが崩れてしまい、
雑菌が入りやすくなったり、繁殖しやすくなってしまうんですよ。

 

 

弱酸性の石鹸で洗うことで、膣の酸性を保ちながら、
汚れや臭いを除去することができるんですね。

 

デリケートゾーンの臭いの元のひとつに、
タンパク質の汚れがあります。

 

しかし、一般的な石鹸やボディーソープでは、
タンパク質の汚れはなかなか落とし切れないんですね。

 

その点、デリケートゾーン用石鹸は、タンパク質の汚れを
落とす力に優れているんですよ。

 

デリケートゾーン用の石鹸は、肌に優しい成分で
作られたものが多くあるんですよ。

 

膣の中まで洗ってはいけませんが、その周りを洗うことから、
石鹸の成分が体内に入ることも考えられます。

 

そのため、天然成分などが配合された、刺激の少ないものを
選ぶとよいでしょう。

デリケートゾーン用石鹸を使うときの注意

たっぷり泡立てて、泡で包み込むようにして洗います。
泡立てるのが大変なときは、泡立てネットを使ってもいいですよ。

 

爪で引っかかないように、指の腹で、デリケートゾーンの
しわや溝に沿って洗います。

 

デリケートゾーン用に作られた石鹸といっても、洗いすぎは厳禁。
臭い対策として洗っているのに、洗いすぎて臭いが
悪化してしまうことのないよう注意しましょう。

 

けして、ナイロンタオルやスポンジなどで
ゴシゴシ洗わないようにしてくださいね。

 

デリケートゾーンに傷がつくと、そこから雑菌が入り、
ますます臭いの原因になりますよ。

 

 

デリケートソーンようの石鹸は、体全体を洗ってもいいんですよ。

 

 

なぜならば、更年期に入って、皮脂が少なくなってきている
肌に優しいからなんです。

 

 

身体全体も、皮脂を取りすぎるのは、肌トラブルを起こす
ことがあるんですね。

 

 

シャンプーも、更年期以降は、皮脂を取りすぎると、
薄毛や抜け毛につながりかねないんですよ。

 

 

肌も同じなんですよ。
皮脂を取りすぎないデリケートゾーン用の石鹸を
使ってみませんか。

 

 

あそこの臭い対策に使って良かったと人気の石鹸へ

 

 

関連ページ

更年期のあそこが臭いの原因
更年期のあそこが臭いの原因はいくつかあります。 まず、更年期の症状はどんあものなのか、まとめました。
更年期のあそこが臭い原因:雑菌による匂い
更年期に入るとあそこが臭い原因の一つに雑菌による臭いがあります。どんな菌によるのかを調べました。
更年期のおりものの匂いはあそこの臭いの原因になる?
更年期に入ってからおりものの匂いが気になりませんか?もしかして、あそこが臭い原因になっているのでは?とお悩みの方、是非ご覧下さい。
更年期の生理の臭いが気になるのに周期が短くてつらい
更年期に入り閉経が近くなると、生理周期が短くなる場合があります。生理中の臭いは、より強くなるのでしょうか?
更年期のホルモンバランスの崩れであそこの匂いは臭くなる?
更年期は、閉経に向けて、ホルモンバランスが崩れます。そのことが、あそこの臭いに影響があるのでしょうか?
更年期のあそこは性病のせいで臭い場合があります
更年期は、閉経に向かって、ホルモンのバランスが 乱れてくる時期です。この時期におりものが臭い場合、性病が隠れていることも考えられます。
更年期のあそこの臭いとかゆみを解消する膣洗浄のすすめ
更年期に入り、あそこの臭いやかゆみに悩まされている方に解消法の一つとして、膣洗浄はどうなのでしょうか?
更年期のあそこが臭いに使い切りビデは効果があるの?
更年期になると、人によっては生理周期が短くなります。すると、終わりかけの時の臭いが気になる周期も短くなりますね。そんな時、使い切りビデは効果があるのか検証しました。
更年期の性病の疑いがあるときの症状があるときは病院へ
更年期に入り、デリケートゾーンの臭いの原因がすそわきがや性病などの病気の場合、病院での治療が必要になります。病院での治療法や女性がなりやすい性病についてまとめています。