更年期のホルモンバランスの崩れであそこの匂いは臭くなる?

ホルモンバランスの崩れによるあそこの臭い

女性にとって、ホルモンバランスの乱れは、心身ともに

避けられない問題です。

 

ホルモンバランスの乱れがあそこの臭いの原因になっていることも。

 

 

いわゆる女性ホルモンと呼ばれるのは、エストロゲンや
プロゲステロンなんです。

 

これらのホルモンのバランスによって、体や心に好不調が
現れるんですよ。

 

 

たとえば、女性らしい体をつくったり、コラーゲンの
合成を促したり、骨を丈夫にする働きのあるエストロゲンは、
生理の終わり頃〜排卵前に分泌が多くなるんですね。

 

 

その時期は、心身ともに安定し、肌の調子もよく、体調がいいと
いわれているんですね。

 

 

一方のプロゲステロンは、受精卵を着床しやすくしたり、
妊娠を継続させたりする働きをもつ、妊娠に欠かせないホルモン
なんですよ。

 

 

排卵後から次の生理にかけて分泌されます。

 

毎月、生理が起こり、妊娠・出産のための体の機能をもつ
女性にとって、このふたつのホルモンバランスが乱れることは、
心身にさまざまな影響を及ぼすんですね。

 

 

たとえば、プロゲステロンの分泌時期に腹痛や腰痛、頭痛、
むくみなどが現れたり、精神的に不安定になったりイライラする人も
少なくないんですよ。

 

 

また、ホルモンバランスが乱れることで肌のターンオーバーも乱れ、
肌のトラブルを起こすこともあるんですね。

 

 

さらに40代半ばを過ぎると更年期に入り、エストロゲンの分泌が
減少します。

 

 

すると、頭痛やのぼせ、動悸、体のほてり、イライラ、不安感など、
いわゆる更年期障害の症状となって現れるんですよ。

 

 

このホルモンバランスの乱れによって、デリケートゾーンの
臭いも変化するんですよ。

 

 

たとえば、プロゲステロンの分泌が多くなると、皮脂分泌が
活発になります。

 

 

その皮脂が酸化して脂肪酸になり、臭いを強く発します。

 

 

そのため、プロゲステロンの働きが活発になる生理前には、
体臭が強くなるという傾向が見られるんですよ。

 

 

関連ページ

更年期のあそこが臭いの原因
更年期のあそこが臭いの原因はいくつかあります。 まず、更年期の症状はどんあものなのか、まとめました。
更年期のあそこが臭い原因:雑菌による匂い
更年期に入るとあそこが臭い原因の一つに雑菌による臭いがあります。どんな菌によるのかを調べました。
更年期のおりものの匂いはあそこの臭いの原因になる?
更年期に入ってからおりものの匂いが気になりませんか?もしかして、あそこが臭い原因になっているのでは?とお悩みの方、是非ご覧下さい。
更年期の生理の臭いが気になるのに周期が短くてつらい
更年期に入り閉経が近くなると、生理周期が短くなる場合があります。生理中の臭いは、より強くなるのでしょうか?