更年期のあそこが臭い原因:雑菌による匂い

更年期のあそこが臭い原因:雑菌による匂い

デリケートゾーンの臭いの原因は、多くの場合、

雑菌によるものだと考えられます。

 

 

正確にいうと原因は、雑菌そのものではなく、
雑菌が栄養を摂って繁殖するときに排出する老廃物なんですね。

 

 

その雑菌の栄養となるのが、ショーツについたおりもの、
尿、汗、垢、経血などです。

 

 

ショーツだけでなく、複雑に入り組んだデリケートゾーン
自体にも汚れがたまりやすく、この汚れによって雑菌が
さらに繁殖していくんですね。

 

 

また、デリケートゾーンにはアポクリン腺という
汗腺が多くあるんですよ。

 

 

このアポクリン腺からは、脂肪やアンモニアなど、
雑菌が喜ぶ栄養がたっぷりの汗が分泌されるんですよ。

 

それで、ますます雑菌の温床になってしまうのです。

 

デリケートゾーンで繁殖しやすい雑菌とは

デリケートゾーンに多い雑菌には、カンジダ菌、大腸菌、
ブドウ球菌などがあります。

 

カンジダ菌
健康な人の皮膚や粘膜にも常在している菌なんです。

 

しかし、疲れやストレスなど、体の抵抗力が落ち、
膣内のカンジダ菌が異常繁殖すると、膣カンジダを
引き起こすことがあります。

 

管理人のカンジタ経験へ

 

大腸菌
大腸菌自体は、人や動物の腸管に存在していて、
消化を助けたり、ビタミンを生産したり、
腸管に入り込もうとする有害な菌を排除する働きを持っています。

 

 

これらの大腸菌には通常、病原性はありませんが、
大腸菌の中には、腸管病原性大腸菌、腸管出血性大腸菌など、
病原性をもつ下痢原性大腸菌(病原大腸菌)もあるんですね。

 

ブドウ球菌
いくつかの種類があり、健康な人の皮膚や粘膜、
腸管にも常在しています。

 

たとえば、表皮ブドウ球菌には、ほかの病原菌から
皮膚を守ったり、皮膚を健康に保つ働きがあります。

 

また、黄色ブドウ球菌などには病原性があり、
繁殖する際に発するエンテロトキシンという毒素によって、
おう吐や下痢などの食中毒症状を引き起こすことがあります。

 

 

関連ページ

更年期のあそこが臭いの原因
更年期のあそこが臭いの原因はいくつかあります。 まず、更年期の症状はどんあものなのか、まとめました。