経血が臭うようになったのは病気のサイン?何か対策はある?

経血が臭うようになった時に思い当たることはありますか?

 

あなたの生理中の経血の臭いって、どんな匂いですか?
生理の始めの頃は、鮮血の色のものがたくさん降りてきます。
厚くなった子宮内膜が必要なくなり、剥がれてきますが、
血の鉄くさい匂いが、かすかにする程度ですね。


 

 

経血がついたナプキンをこまめに取り替えれば、あまり
きつい匂いがしないことが多いのではないでしょうか?
ところが、経血が臭うようになった、と心配になることがありませんか?

 

 

そんな時に、原因として挙げられることがいくつかあります。

 

  • ストレス
  • 更年期で閉経に近づいている
  • ナプキンを長時間つけている
  • ナプキンの高分子吸収剤と血液が化学反応する
  • デリケートゾーンが蒸れている
  • 膣内を洗いすぎる
  • 子宮筋腫や子宮がんなどの病気が潜んでいる
  • 生理になると肉ばかり食べる

 

ストレス

ストレスは万病の元、と言いますよね。

疲れやストレスが溜まると、体調が悪くなり、免疫力が低下します。
そうなると、膣内の雑菌が繁殖しやすくなりますので、臭いが強く
なるんですね。

 

 

そうすると、生理中の経血や剥がれ落ちている子宮内膜などが
臭くなるんですよ。
女性の場合、婦人科にストレスの影響が出ることがありますね。
できるだけ、リラックスして、ストレスを軽減するようにしましょうね。

更年期で閉経に近づいている

更年期に入ると、個人差はありますが、閉経に近づいてくることで
生理に色々な変化が起きてきます。

 

 

  • 定期的にやってきた生理が不定期になる
  • 生理の経血がものすごく多い時と逆に少ない時がある
  • 生理の周期が短くなった
  • 経血のニオイがものすごく臭くなった

 

 

管理人の場合は、生理周期が27日型から21日型になりました。
そうすると、1ヶ月のうちに2度も生理になってしまい、憂鬱でした。
しかも、生理の期間は7日間で、経血も最初の3日目までは多め、という
更年期前の生理とほとんど代わりがなかったんですね。

 

 

こんな状態が、ほぼ2年続き、ある日突然、閉経を迎えました。
あなたの場合はどうですか?
生理が不定期になっている時に、経血の匂いが臭くなりだした、
という方もいるんですね。

 

 

経血があまりにも臭くて、家族が自分のトイレの後に、臭いと言われ
困ってしまった。
経血が、ナプキンについたばかりの状態でも臭かったので、
婦人科を受診したところ、子宮筋腫や子宮がん、子宮内の異常は
見つからなかった。

 

 

臭いのことを相談したけれど、生理中ではなかったので、うまく伝わらず
きにしないようにとの診断だった、という方もいます。
閉経まであと少しだから、とやり過ごすようにしている、とのことです。

 

この場合は、衣類や部屋に染み付いたニオイを無臭化できるスプレー
活躍してくれますよ。

ナプキンを長時間つけている

経血があまり多くないからと、ナプキンを長時間つけっぱなしにして

いませんか?
経血自体には、匂いはないんですね。
ナプキンに付着して、酸化することで、匂いが発生します。
また、血液以外のオリモノも、雑菌が、繁殖するときの餌となって
匂いが発生します。

 

 

また、デリケートゾーンは、ナプキンをつけていることで、蒸れやすく
なっていますね。
そうすると、汗もかくんですね。

 

 

汗をかくと、雑菌の餌が、さらに増えることになります。
するとニオイがさらにきつくなるんですよ。
経血が少なくても、ナプキンはこまめに取り替えてくださね。

ナプキンの高分子吸収剤と血液が化学反応する

現在の生理用品には、経血を素早く、もれなく吸収するために
高分子吸収剤が使われているものが多いんですよ。

 

 

この高分子吸収剤や石油系原料が経血と化学反応して、ニオイが
発生してしまいます。
吸収が良いというのはとても便利なのですが、ニオイを発生させてしまう
かゆみ、かぶれが起きてしまうというトラブルが起こってしまいます。

 

 

それで、布ナプキンを使うようになったら、ニオイがきつくなくなった
という方もいるんですよ。

デリケートゾーンが蒸れている

デリケートゾーンは、とても蒸れやすいところですね。

生理中は、ナプキンをつけているので尚更ですね。
その上、経血がもれないように、サニタリーショーツをはくと
さらに蒸れやすくなります。

 

 

デリケートゾーンの外陰部は、アポクリン腺という汗腺が
分布している場所なんですね。
このアポクリン腺から出る汗は、全身に分布しているエクリン腺
よりも、雑菌の餌になりやすい汗が出るんですよ。

 

 

ですから、デリケートゾーンが汗で蒸れると、雑菌が元気よく繁殖して
匂いを発生させます。
そのタイミングで、ナプキンに経血が吸収されると、経血が臭くなったと
思います。

 

 

この場合は、サニタリーショーツを、通気性のいいものにとりかえて
できるだけムレないようにすることで、ニオイの悩みは解消される
ことが多いですよ。

膣内を洗いすぎる

あそこの臭いやオリモノの匂いを気にするあまり、膣内を洗いすぎて
いませんか?
これは、絶対にやってはいけないにことなんですよ。
膣内は、外部からの細菌や雑菌の侵入を防ぐために、強酸性に
保たれています。

 

 

そんな膣内を洗いすぎてしまうと、膣内のバランスが崩れてしまい、
逆に、細菌や雑菌が侵入して繁殖しやすくなってしまいます。
トイレに行くたびに、ビデで、膣内を洗浄する、デリケートゾーンを
石鹸で洗うときに、膣内も洗ってしまう、というのは、逆効果です。

 

 

ビデでしょっちゅう水を膣内に入れるのは、膣内の環境をこわし
かねません。
膣内の善玉菌までも洗い流してしまいますよ。

 

 

同じく、デリケートゾーン専用の石鹸で、膣内まで洗ってしまうと、
膣内の強酸性のバランスが崩れてしまい、善玉菌までも殺してしまい
兼ねません。

 

 

膣内のバランスが崩れた状態で生理になり、経血がおりてくると
ニオイが変わります。
膣内は決して洗いすぎてはいけません。

 

 

もし、洗いたいのでしたら「インクリア」を二週間おき程度に
使うといいですよ。

 

 

インクリアの詳細を見てみるかたはこちら

 

あそこの臭い対策に使ってよかったと人気の石鹸へ

 

子宮筋腫や子宮がんなどの病気が潜んでいる

上記のようなことに心当たりがないのに、経血が急に臭くなった、という場合

子宮筋腫や子宮がんなどを疑ってみるのもひとつの健康管理の方法です。

 

 

経血の匂いというのも個人差がありますが、いつものご自身の経血とちがう、
という症状に、レバーのようなかたまりが降りてくる、腹痛が伴う、と
行った場合は、すみやかに、婦人科を受診してください。

 

 

得意更年期に入っている方は、念のため、婦人科を受診してください。
子宮筋腫であれば、大きさによっては、経過観察で済みます。
私の母の場合は、レバーのようなおりものが続いたあと、経血が
余りにも多いので、婦人科を受診したところ、子宮をつっている
血管に1本が切れて大量出血している、とのことで、手術をしました。

 

 

以前勤めていた会社の同僚gあ結婚、妊娠したところ、大きめの筋腫が見つかり
経過観察の末、無事出産しました。

 

 

この頃、お腹だけ、痩せなくて困るのよ、と言っていた友人は、
婦人科を受診した時には、手遅れの子宮がんが見つかり、4人の子供と
ご主人を残して旅立っていかれました。

 

 

このように、経血が臭くなった、という時には、思い切って婦人科を受診
してください。
経血の異常は、命の危険のサインということもあるんですよ。

 

生理になると肉ばかり食べる

妊娠すると、なぜかすっぱいものが食べたくなるように、生理になると

肉ばかり食べたくなる方はいませんか。

 

 

肉や卵、乳製品のような動物性タンパク質を食べ過ぎると、生理の時の
ニオイがきつくなることがあります。

 

 

動物性タンパク質は、消化吸収するとき、アンモニアのような刺激臭が
出やすいんですね。
また、動物性脂質は皮脂分泌が活発化し、皮脂の酸化臭につながるんですよ。

 

 

そして、肉類を食べると汗腺を刺激するんですね。
すると、汗の量が増えてデリケートゾーンが蒸れやすい状態になり、
ニオイがきつくなります。

 

 

生理中にどうしても肉への食欲が抑えられない、という方は、
衣類に付いたニオイを無臭化するスプレーを使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

衣類を無臭化するスプレーの体験談はこちら

関連ページ

生理中のあそこの臭いの原因は経血?
生理中、あそこが臭いのは、経血だだけではないんですよ。 では、なにが原因なのかを説明します。
生理前のあそこの臭いがきついのはなぜ?
生理前のあそこの臭いがきつくなることがありませんか?その理由と対処法を解説します。
生理の終わりかけの臭い
生理が終わりかけに臭いがきつくなる理由と対策を解説しています。 併せてその頃に経血が茶色くなる理由を解説しています。